床ずれの対処

床ずれ(褥瘡)は、予防が基本ですが、できてしまったら、すみやかに医療による治療を心がけましょう。身体の一か所が圧迫され続けることが床ずれの原因になり、皮膚の薄い部位(尾てい骨周辺、かかと、頭部など)に起きます。

対処法としては、
・病院や訪問看護ステーションなどからへ訪問看護を依頼する
・エアマットなどの床ずれ防止用具をレンタルする
が基本になります。

【予防】
・定期的な体位変換(寝返り)
・マッサージによる血行不良の改善
・体を清潔に保つ
・衣服を清潔に保つ
・布団や寝具を乾燥させておく
・高たんぱく、ビタミンなどの栄養摂取

【症状と対処】
・赤くなる(初期症状)
 →マッサージなどで患部の血行をよくする
・水泡
 →できるだけつぶさない
・潰瘍
 →できるだけ早く医師や看護師に相談する

重度の場合、壊死組織の除去などの手術を行ってから、薬品による治療を行わなければなりません。また、使用する薬の種類も医師に確認した方がよいでしょう。
タグ:床ずれ 医療