のどに異物がつまった場合

食事中に、突然、会話が止まったり、
顔色が変色したりしたときは、
のどを詰まらせた可能性があります。

すみやかに、異物を取り除かなくてはなりません。


・指示が聞こえるようなら、大きくせきをしてもらいます。

・前かがみにさせて、肩甲骨の間を平手で強くたたきます。

・仰向けにさせて、口を開け、舌をおさえて、もう一方の手の指をのどに入れて取り出します。

・「ハイムリック法」
 背後から手を回し、片手のこぶしをみぞおちにあて、もう一方の手で上からおさえます。
 そのまま、こぶしをグッと自分の方(やや上方)に引き上げます。
 うつ伏せからの方法も可能です。

・吸引する
 たん吸引器に専用ノズルを取り付けて吸引します。
 または、掃除機の先端のノズルをはずし、口に入れ吸引します。

→ 介護商品「手動式吸引器(たん吸引器)」へ

タグ:緊急
【緊急時の対応の最新記事】