認知症対応型共同生活介護

■認知症対応型共同生活介護
(グループホーム)
 家庭的な環境の中で、認知症の症状のある方が少人数で共同生活を送りながら、日常生活の介助や機能訓練などを受けられる施設。通常、軽度の認知症のお年寄りを対象として、複数の介護職員とともに生活します。

【入居要件】(目安)
 認知症があり、かつ要支援2以上