徘徊ネットワークの町を

認知症のご高齢者などが外出して道に迷うことがあります。
本人たちは、なにか用事を思い出して外に出たのだけれど、行き先や帰り道を忘れてしまい、家に帰れなくなったりします。気をつけなければ、事故にあったり、行方不明になることもあるので注意が必要です。

しかし、家族にも生活があり、四六時中、患者を見ているわけにもいきません。そこで現在は、住んでいる地域全体で、そのようなお年寄りを守っていく活動が行われています。警察や保健所だけでなく、バスやタクシー運転手なども参加して「はいかい老人SOSネットワーク」がつくられているのです。

「認知症の方が、安心して徘徊できる町づくり」というコンセプトは、大変すばらしいものだと思います。患者を家に閉じ込めてしまうより、出た後も安全で安心していられるようにする考え方は、とても健康的です。

今後、ますますネットワークが強化されていくことを願います。ぜひ一度、お住まいの地方自治体などに問い合わせてみるとよいでしょう。