老人ホームの種類

入所型の老人ホームには、利用者側と施設側とが直接「入所契約」を結び入所する施設と、地方自治体が窓口となり入所者を決定する施設(養護老人ホーム)があります。


■有料老人ホーム

 高齢者が入居して、食事や介護の提供、洗濯掃除などの家事、健康管理などのサービスが受けられる施設で、65歳以上の高齢者が集団で生活することを目的としています。

【住宅型】
 介護が必要になった場合、訪問介護などの介護サービスを利用しながら、施設での生活を継続することが可能。
【介護付】
 介護が必要になっても、施設が提供する介護サービスを利用しながら、施設での生活を継続することが可能。


■特別養護老人ホーム

 自宅での介護が困難な高齢者が入所できます。地方公共団体、社会福祉法人のみが設置可能です。


そのほかにも、


■グループホーム

 認知症のある入居者と介護者が協力しながら共同生活を送ります。ただし、病気が進行した場合は、退去することもあります。


■ケアハウス

 60歳以上の自立した高齢者が入居します。ただし、介護が必要になった場合は、退去しなければなりません。
タグ:老人ホーム